続欧州紀行(8)イギリスの食料品物価

 

イギリスはEUに加盟しているのに通貨はポンド。

 

記号は £

 

スターリングとも言います。

他国に迎合しないのは かつての世界の覇者のプライド?

 

何はともあれ このポンドが高い。

 

現在 1ポンド = 193円(2015年8月時点)

 

 

地下鉄初乗りは 4.8ポンド  半額以下で乗る方法はありますが…

 

ということは、

 

なんと 地下鉄初乗り 926円

 

狂ってますね…

更に通貨高のみならず、結構なインフレで物価もよく上がるのです

 

 

ロンドンの物価 ざっくり東京の2倍って感じです。

ランチで軽く2,000円とか行きますから…

 

 

じゃ、イギリス人はどうやって生活しているのか?

そこで、今日はイギリスのスーパーでの食材の値段をレポートします。

選んだスーパーはSainsbury’s セインズベリー。

イギリス人なら知らない人がいないスーパーです。

勿論 Southampton店。

 

まずは野菜から。

フィリピンと違って野菜売り場は充実しています。

 

まずはトマト。
70ペンス (70ピーとも読みます) = 135円

 

中型のトマト6個でこの値段は安いでよね。しかし味はイマイチなんです。

 

私はいつも6個で2ポンド以上のトマトを買っていました。

 

レタス1玉
60P = 116円

 

ネギ1本
2.5£ = 482円

 

これは高いですが、実はこのネギ、極太なんです。

 

日本のネギの3倍くらいの大きさはあります。

 

写真を撮るのを忘れましたが、キューリも激デカです。

ヘチマくらいあります…

 

 

ポテトは2.5キロで、
1.6£ = 308 円
さすがイギリス人の主食、リーズナブルです。

 

参考までにイギリス人の主食はパンではありません。ポテトばかり食べてます~

 

鮮魚売り場

 

スミマセン 値札よく分かりません…

在英時に「生で食べられますか?」と何度か聞きましたが、答えは常にNO。

 

 

次はお肉。
ステーキ用ビーフ。
700グラムで 4.5ポンド = 870円

 

安いですよね。

但し、これも安かろう悪かろう。

私はいつもこの程度の肉を買っていました↓
味は抜群です!

 

463グラムで10.41£ = 2000円

 

 

お水

ミネラルウォーターではありません。

Drinking water というかPurified water…

 

2ℓで20P = 39円

 

オレンジジュース 80P = 154円

 

 

5個入りのドーナツ 65P = 125円

2013年頃は45pだったのですが…

 

 

ティッシュ1箱 55P = 106円

 

 

イギリスのスーパーではどこでもワインが豊富にあります。
5ポンド = 965円で十分美味しいワインが買えます。

 

ビールも世界中のビールがあります。

 

日本やフィリピンのように国産ビールが圧倒的に強いわけではありません。

EU内関税フリーだからか、外国のビールの方が安かったりします。
500ml 1本 200円~250円程度です。

 

かなり偏ったレポートですが、如何でしたでしょうか?

外食は異常に高いのですが、スーパーで買えば実はけっこう安いんです。

ですから留学生の大半は自炊しますし、外に飲みに出かけるよりも ホームパーティーが主流になるんです。

 

宜しければ、下記をポチッとお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

続欧州紀行(2)クアラルンプール からコロンボへ <スリランカ航空>

続欧州紀行(3)コロンボからロンドンへ <スリランカ航空>

スリランカ紀行(1)戒厳令という手洗い洗礼を受ける

タイ・ビーチ(プーケット・サムイ・パタヤ)

アフリカ紀行(1) ザンジバルってどこ?

アジアン・リゾートを制覇する