続欧州紀行(6)Wet & Chillyなサウサンプトン

 

私が夏にイギリスに来る理由。

 

 

それは気候

 

 

カラッと乾いた空気。せいぜい上がっても25度の最高気温。雨はたま~に降る程度。朝5時前に日が昇り、夜9時過ぎまで明るい。

 

 

最高です

 

軽井沢とかハワイって感じ

 

汗とか全くかきません

 

 

しかし、今回は異常気象。日本的にいえば 爆弾低気圧がイギリスを襲いました。

 

こんな感じ。

 

 

信じられます?これ7月下旬の気温です…

 

サウサンプトン2日目は珍しく雨本降り。

 

やばい傘が無い

 

宿のオーナーに傘貸して?と聞いたところ、

 

 

ゴメン、傘無いんだ…

 

 

さすがUK

Very British

 

これ嫌がらせでも何でもないのです。

 

 

イギリス人 傘をささないのです

 

 

雨でも上着のフードを被って、ずぶ濡れで普通に歩いてます。冗談でなくこれホントなんです。どうしてこうなったのか不思議ですね。

 

仕方無い

諦めるか…

 

するとBrian(オーナー)

 

これどうぞ

 

 

ウィンドブレーカー。

 

イギリスでは傘と同義語。

 

ありがたく拝借して出かけました。  thanks, Brian!!

 

 

今回の宿は、Jade&Brian夫妻の家。初めてゲストとしてAirbnbを活用しました。

https://ja.airbnb.com/rooms/6454533

 

イギリスにしては破格の値段。

1泊 約6,000円。

 

部屋はこんな感じ。

 

 

 

バス・トイレ、キッチンはシェアです。

 

そして、愛犬アキラ。

何故か日本名…

 

今回はゆったりここに5泊。基本仕事をしながら、友人と会い、時間を見つけてサウサンプトンを散策します。

 

宜しければ、下記をポチッとお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インド紀行(4)早朝のコルカタに見る異次元

アフリカ紀行(3)世界遺産の街 ストーンタウン

欧州紀行(4)愛しのサウサンプトン / Southampton

スリランカ紀行(3)スリランカ周遊(ゴール・キャンディ・ニゴンボ)

続欧州紀行(9)ギネスを飲みにダブリンへ

2015年6月 エアアジア搭乗紀 セブ→クアラルンプール エコノミークラス