続欧州紀行(16)EU最貧国? ブルガリアの物価

 

フランクフルトからソフィアまでは、ブルガリア航空を利用。

飛行時間は1時間55分。

 

需要も少なく本数も限られているため値段は高め。

約2万円くらいしました。

機体も2列×2列と小さめ。

珍しくLCCが飛んでません…

 

フランクフルト空港。

 

ソフィア空港。

 

空港から市内のホテルへはタクシーを利用。

ネットで調べたところ、”OKタクシーなら安全”とのことでしたが、空港で見つけたタクシーの大半はOKタクシーでした。

 

ホテルまで、12ブルガリアレフ。

1レフ = 70円 なので、

 

840円

 

20分くらいタクシーに乗ってこの金額は、ヨーロッパでは破格ですね。

 

ブルガリアはEU加盟国なのですが、ユーロを採用していません。旅行者にとっては面倒ですが良い選択だと思います。

いまギリシアが経済危機にあるのも、ユーロを採用して独自の金融政策が打てないから。

 

更に、ネットで調べるとブリガリア=EU最貧国という記述もチラホラ。なるほど物価が安いわけです。

 

ちなみにホテルもソフィア市内のほぼ中心地で、

三つ★ ツイン1泊 20ユーロ(約2,800円)

しかも朝食付き。

 

ロンドンのドミトリー、ベッド1台以下の値段です。

 

初日はホテルにチェックインしたのが23時頃。

 

近くのコンビニでビールを買っておとなしく就寝…

 
 

宜しければ、下記をポチッとお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スリランカ紀行(2)ヒッカドゥア

インドネシア・ビーチ(バリ)

欧州紀行(5) ロンドンからフランクフルトへ ロンドンの6つの空港の使い方

続欧州紀行(11)ダブリンのアイリッシュな町並み

続欧州紀行(6)Wet & Chillyなサウサンプトン

続欧州紀行(13)ロンドン雑感とイギリス人気質