続欧州紀行(11)ダブリンのアイリッシュな町並み

 

Temple Barという飲み屋街。

洒落たパブが至る所にあります!

 

 

 

That’s Europeanな石畳。

 

 

アイルランドは英語で100%通じますが、アイルランド語も公用語(上段)。

 

パブで注文する際、店員に英語で質問されて全く分かりませんでした…

もう完全に凍ったというか、ここまで英語が分からなかったの久しぶりでした~

 

スーパーで見つけたチェコ産のビール。

実はチェコはピルスナー発祥の地でビールがメチャ美味いんです。

価格も1.15€と激安!

 

 

名門 トリニティカレッジの図書館(有名らしい)。

 

UK同様 公園が充実してます。

 

オスカーワイルドの像。

ダブリン出身だったんですね。

 

最後にダブリンの美しい夕焼け。

夜9時頃ですね。

 

宜しければ、下記をポチッとお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

続欧州紀行(18)ブスが走る都市 ソフィアから東京へ

クアラルンプール空港 第2ターミナル(KLIA2) のカプセルホテル

欧州紀行(6)チューリッヒ エビアン1本 400円?

ラオス紀行(3)アジアで最も素朴な首都 ビエンチャン

続欧州紀行(8)イギリスの食料品物価

台湾紀行(4)現地の台湾人がおススメする台湾料理の名店