欧州紀行(9)フィレンツェ 中世都市とイタリア人の愚痴

 

フィレンツェです。英語では、Florence(フローレンス)。

 

ミラノ 15:15発
フィレンツェ 16:55着

 

50ユーロ、約1時間半の電車での移動です。

 

 

私はヨーロッパは10カ国以上周りましたが、

フィレンツェ、超おススメです!!

久しぶりに琴線に触れましたね。

 

街全体が世界遺産。歩いて周れる手頃なサイズながら、一つ一つの路地がそれぞれ良い味出してます。

特に目的もなく、ぶらぶら歩くのが良いですね。角を曲がると、いきなり観光名所が現われたりします。

 

 

ここでのホテルもExpediaで予約したのですが、(私はアジアはAgoda、欧州はExpediaで使い分けています)偶然にもイタリア人・日本人夫妻の経営。

久々に日本人に会えた嬉しさもあって、少し話し込んでしまいました。

まあ、最初はフィレンツエの魅力について話していたのですが、途中からは、この日本人奥さんの「愚痴」

 

イタリア人働かないんです~
5時きっかりに帰っちゃうし~(仕事終わってなくても)
言ったことやらないし~
それから、マナーも悪いんです~
タバコのポイ捨て多いし、
運転マナー悪いし・・・
ホント、口だけ!!

 

あれっ?どこかで聞いたような愚痴のような。

 

そういえば、この国もカソリック。そして、男は怠け者だけど、スイート・トークは超得意。

 

この奥様曰く、

 

イタリア人は一度他の国に行った方がいいんです。
そして、どうしたら世の中がスムーズに回るのか勉強した方がいい!!
イタリアは、旅行で来るのは最高ですけど、住むのは本当にストレス多くて。。

 

よ~く分かります!!  フィリピンと一緒ですから。。

 

この奥様とは、心から分かり合える仲になれそうです。

フィレンツエに行かれる予定がある方、
是非、Hotel Cestelliを訪れてみて下さい!

http://www.hotelcestelli.com/

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

欧州紀行(3)サウサンプトンへ 乗り物でコーチって何?

続欧州紀行(5)ベストシーズンのロンドンをベタに歩く

続欧州紀行(13)ロンドン雑感とイギリス人気質

インド紀行(6)ガンジス河でバタフライは無理

マレーシア紀行(1)アジア最悪のタクシードライバー達

続欧州紀行(17)ブルガリアの首都ソフィアを歩く