台湾紀行(2)台北 桃園空港から市内へ

 

桃園空港から市内までは、電車・地下鉄はありません。

バスかタクシーでの移動となります。

 

桃園空港のターミナルは2つ。
フィリピン航空は、ターミナル1です。

 

税関を抜けて、左に向かって歩いていくと、地下へ下るエスカレーターがあります。

そして、地下にはバスのチケット売り場と乗り場が。

 

表示も非常に分かり易く親切です。
「配慮してるな~」って感じが伝わってきます。

 

私のホテルは、行天宮の近く。
ほぼ、台北のど真ん中で、金融街といった感じ。
台北駅からも、タクシーで90台湾ドル程度。

桃園空港から行天宮までは、6番乗り場。

 

社内の様子

 

結構快適です。

運転手さん、少し飛ばし過ぎ?って感じはありましたが。

 

台北市内まで約50分で到着。

2010年に来た時は、夕方だったこともあり渋滞にはまり、1時間半くらい要したのを覚えています。

という感じで、空港から市内へのアクセスは、非常に簡単。みんな親切で、看板等も分かり易いので、ノーストレスです。

 

ここからちょっとだけ、台北紹介。

 

もう完全に日本です。

 

コンビニの定員さんまで、日本語話します。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クアラルンプール空港 第2ターミナル(KLIA2) のカプセルホテル

欧州紀行(5) ロンドンからフランクフルトへ ロンドンの6つの空港の使い方

インド紀行(1)人々はインドを目指す

続欧州紀行(14)日本人ばかりのフランクフルト

続欧州紀行(11)ダブリンのアイリッシュな町並み

続欧州紀行(8)イギリスの食料品物価