ラオス紀行(3)アジアで最も素朴な首都 ビエンチャン

ようやくビエンチャンに到着。

空港から市内のホテルまでは、タクシーですぐです。
20分もかからなかったような…

ホテルは、ラオ・プラザ・ホテル。
一応、5つ星ホテル。

当時は、1泊11,500円。

いまagodaで調べてみたら、1泊 約22,000円。

当時、円が対ドルで約80円だったことを考慮しても(いまは120円)約3年で3割弱は値上がりしていますね。

東南アジアは、どこもインフレ率が高いです。
まあ、経済が健全に成長している証しですが…

ホテル到着が、夜10時頃だったこともあり、初日は、近くのレストランで軽い食事。

実は、これが大当り!

多少、英語が話せるウェイトレスがいたので、翌日のディナーに誘ったところ一発OK。

 

翌日のディナーの様子。

メコン川添いのラオス料理屋。
外国人旅行者で賑わってました。

料理はタイ料理に似てますが、辛くはありません。
かなり美味しいですね。

左側が前日のレストランのウェイトレス、右がその友達。

昼間の観光の様子。

基本、なんにもありません。

これ↓はラオス版 凱旋門。

 

地元の人と少しコミュニケーションをとりましたが、みんな穏やかでシャイ。

ちなみに、言葉はタイ語が通じます。

 

バックパッカーが集う安宿街。

そこで、昼間からビア・ラオ!!

 

至福の瞬間ですね!

 

街の様子。

フランス植民地時代の影響か、屋台でフランスパンが売ってます。
なんか、こ洒落た感じがしますね。

 

首都の中心部。

 

資生堂もありました。

 

最終日は、激安ローカルマッサージ(一応マッサージ師↓)。

一人はシャイで顔を隠すも、もう一人は微動だにせず。

 

そして、屋台で麺!
タイ同様、麺が美味しいのは日本人には嬉しいですね。

少しでも、ラオスの雰囲気を味わって頂けたでしょうか?

 

安全で、人が穏やかで、時間がゆっくり流れる国です。

 

メコン川の夕陽を、もう一度見に行きたいと思っています。

私は写真を撮り忘れたので、↓でどうぞ。

https://www.google.co.uk/search?q=%E3%83%93%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3+%E3%83%A1%E3%82%B3%E3%83%B3%E5%B7%9D+%E5%A4%95%E6%97%A5&rlz=1C1KAFA_enJP558PH570&es_sm=93&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=AmkSVfypD4nj8AWh_YHYAg&ved=0CAcQ_AUoAQ&biw=1366&bih=643

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インド紀行(2)まずは成田からバンコクへ

マレーシア紀行(1)アジア最悪のタクシードライバー達

2015年6月 エアアジア搭乗紀 セブ→クアラルンプール エコノミークラス

欧州紀行(5) ロンドンからフランクフルトへ ロンドンの6つの空港の使い方

続欧州紀行(15)最終訪問地はソフィアに決定

ジャカルタ紀行(1)ジャカルタの中の日本