ラオス紀行(2)恐るべし!キャセイパシフィック 香港ラウンジ

ラオスに向けて出発です。
2012年3月

成田のキャセイパシフィック航空のラウンジ

インテリアのセンスは好きですが、ちょっと狭いですね。
まあ、ここは日本。
ホームの香港ではないので、こんなものでしょう。

 

約4時間半のフライトを経て、香港到着。

 

ここで、本日最初のお目当て
キャセイのファースト・クラス・ラウンジへ。

当時、保持していたJALのプレミア・ステータスのおかげ。

まずは、シャワーでスッキリ!

 

最近はバスタブまであるそうです….

 

食事も豊富です。
中華フルコースもいけそう。

ビュッフェ・スタイルですが、テーブルに座って注文すれば席まで持ってきてくれます。
レストランのように、メニューまであります。

締めは、名物 担々麺。ちょっとお上品すぎる感じもしますが、味はバツグンです!

 

本当に、キャセイの香港のラウンジは最高です。

香港乗継の際は、わざと乗継が悪い(待ち時間の長い)フライトを選択したりもします。
このラウンジのために。

 

いざ、バンコクへ。

 

香港~バンコクへのフライトのことは、鮮明に覚えています。

乗客の大半は、中国人・香港人。

それはそれは、うるさいのです。

食事も、みんな、クチャクチャ食べるし…

もう、完全無法地帯

 

着陸と同時に荷物を取りに立ち上がった乗客は、少なくとも20名以上。

CAさんは慣れているらしく、冷静に対応していましたが…

 

バンコク、スワンナプーム空港。
ビエンチャン便を待ちます(ラオス航空)。

 

空港内のレストランで見つけたメニュー。
Mango with Sticky rice

 

ありえない!と思いきや、タイ人の友人に聞いたところ「普通に食べるよ」とのこと。

 

ちなみに、これは帰りのビエンチャン空港、タイ航空のラウンジ。
なんとアルコールなし。

まあ、この素朴な感じがラオスらしくて良いですね。

スミマセン、今日は、ビエンチャンに到着できませんでした。

また、次回!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

続欧州紀行(6)Wet & Chillyなサウサンプトン

インドネシア・ビーチ(バリ)

マレーシア紀行(1)アジア最悪のタクシードライバー達

欧州紀行(6)チューリッヒ エビアン1本 400円?

ベトナム・ビーチ(ニャチャン・ファンティエット)

欧州紀行 (7)チューリッヒ&リギ山 無人ホテルとハイジの世界