マレーシア・ビーチ(ペナン・ランカウイ)

 

さて、今日はマレーシアについて、簡単にお話したいと思います。

 

 

まずは、ペナン

私が子供の頃、クイズ番組で優勝者に贈られる海外旅行といえば、セブかペナンでした(ハワイはもう少し高級な感じ)。

行き方は、マレーシアの首都、クアラルンプールで乗り換えて1時間弱。香港→ペナンの直行便もあるそうなので、香港乗継も便利ですね。

空港からリゾートエリア(バツーフェリンギ)までは、車で1時間程度かかります。ちょっと遠いですね。

 

ビーチは綺麗です。しかし、海の水は濁っていましたね。これは「汚れている」のではなく、砂が混じりやすいからでしょうか…

高級ホテルの近くにも、ローカルのお店や屋台がたくさんあるので、ホテルの外で、簡単に、安く、美味しい食事にありつけます。

繁華街はジョージタウン。コロニアル風情もありますが、中華な感じがする街です。

もし興味あれば、↓のビデオを観てみて下さい。バックパッカーの聖書「深夜特急」です。

旅情をそそられること間違いなしです!
(私は10回以上も観ました)

 

 

次に、ランカウイ

ペナンの少し上、タイとの国境も間近です。

行き方は、ペナンと同じでクアラルンプール(KL)経由が一般的でしょうか。KLから、一時間程度です。

空港からのアクセスは抜群。タクシーで20分程度でリゾートエリア(バンタイ・チェナン、バンタイ・テンガー)に到着します。

私が訪れたのはもう10年以上前になりますが、非常に素朴なところでした。

治安もよく、まったり、のんびりするのに適したリゾートです。

砂浜は抜群に綺麗でしたが、海水はペナン同様、わりと砂で濁っていました。。。

そして、ランカウイの最大の特徴は、

 

島ごと免税、ということです。

 

政府の観光政策の一環です(観光客を呼び込むため)

 

たしか、缶ビール1本30円くらいで買えました(当時)。

 

そういう意味では、ビーチでビールを飲みながら、のんびり過ごしたい人には最高のリゾートでしょう。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

欧州紀行(9)フィレンツェ 中世都市とイタリア人の愚痴

続欧州紀行(9)ギネスを飲みにダブリンへ

台湾紀行(1)マニラから台北に飛ぶ フィリピン航空

インド紀行(6)ガンジス河でバタフライは無理

欧州紀行(8)ミラノ ナカタ、ホンダ、ナガトモ!

続欧州紀行(6)Wet & Chillyなサウサンプトン