ベトナム・ビーチ(ニャチャン・ファンティエット)

 

今日はベトナム

 

ベトナムを代表するビーチ・リゾートといえばニャチャン。

行き方としては、日本からホーチミン(サイゴン)まで飛んで、国内線に乗り換えて、約1時間です。

空港からリゾートエリアまでは、タクシーで1時間弱。私が行った時は、急なスコールで道路が浸水して、もう少しかかりましたが…

 

宿泊したホテルは、

一応、5つ★でも、1泊1万円くらいで泊まれるのでお得感がありました(当時)。

 

一方、ホテル以外では、結構「未開感」を感じました。

ローカルのレストランに入ったら、床にゴミがたくさん落ちたままで、閉口したのを覚えています(上海でも、それなりのレベルのレストランにも関わらず、ゴミが結構落ちていましたね、そういえば…)。

 

現地で人気のベトナム風?焼肉屋ラックカイン。

肉と野菜(香草)を一緒に巻いて食べるのですが、この香草があまりに強烈で…
もう、ドクダミ並の香りなんです。パクチー大好きの私でも無理でした…

Source: http://asia-traveler.asia/2014/03/2014-vietnam-nhatrang-laccanh-beach/

 

ニャチャンの後は、ファンティエットへ。バスで南下すること、約5時間です。

こんな素敵なホテルもありました。

 

ビクトリア ファン ティエト ビーチ リゾート & スパ agoda

 

その後、ホーチミンまでバスで戻ったのですが、市内に入ってから大渋滞で、約5時間もかかったのを覚えています。

ホーチミンのホテルに入った瞬間は、日本人ばかりで驚きました。当時、若い女性にベトナム流行ってましたしね。一方で、ニャチャンやファンティエットでは、ほとんど日本人を見かけませんでした。

 

もし、ベトナム旅行に興味ある方は下記のDVDがお勧めです。
(残念ながら、youtubeとdailymotionでは動画が見つかりません)

 

私は以前、レンタルビデオ屋でDVDを借りて見ました。海外旅行初めての女性が、ホーチミンから北上してベトナムを縦断するストーリーです。

昨日ご紹介した「深夜特急」同様、観ると旅行に行きたくなるドラマですね。(ニャチャンは出てきませんが、ファンティエットは出てきます)

 

ベトナム全体としては、何となく”スカッとした開放感”を感じなかったのを覚えています。

空港のイミグレも軍人(のような制服を来た人?)で、なんか堅さを感じました。

私が行ったのは確か2008年頃なので、いまは変わっているかもしれませんが…

 

勿論、ベトナムにはベトナムの良さがありますが、Beach !! って感じを味わいたいなら、他の国の方が良いかな?と個人的には思います。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミャンマー紀行(1)アジア最後の秘境 ミャンマー

ジャカルタ紀行(2)ブロックMという小日本

欧州紀行(9)フィレンツェ 中世都市とイタリア人の愚痴

アフリカ紀行(2)ロンドンからタンザニアへ

2015年6月 エアアジア搭乗紀 セブ→クアラルンプール エコノミークラス

続欧州紀行(6)Wet & Chillyなサウサンプトン