タイ・ビーチ(プーケット・サムイ・パタヤ)

 

「アジアン・リゾートの王様」と言えば、やはりタイでしょう。

美しい自然のみならず、濃厚なタイ文化と、多くの欧米観光客が彩る華やかさは、他の国のリゾートとは一線を画します。

タイ料理の人気も抜群ですね。

イギリスでは、中華とインド料理はどこにでもあります。

次に多いのが、タイ料理屋か日本料理屋だったと思います。

その次がベトナムで、それから…出てきませんね。

フィリピンも、何らかの形で「フィリピン料理」をブランド化できれば、
かなり変わってくるのになあ、と思うのですが…

タイと言えば、屋台でカオマンガイ(チキンライス)↑

 

さて、本題のリゾート。

タイのリゾート御三家と言えば、

 

プーケット
サムイ
パタヤ

 

でしょう。

他にも、クラビ、ピピ島、パンガン島、ホアヒン、タオ島と多くのリゾートがありますが、アクセス面や全体のバランス感を考えると、御三家なら旅慣れない人や、「初タイ」の方にも、おススメできます。

 

まずは、プーケット

日本からの直行便はありませんが、バンコク経由のみならず、シンガポール、香港、クアラルンプール、ソウル経由がありアクセスは抜群です。

多くのリゾートエリアがありますが、一番賑やかなパトン・ビーチまでは、空港からタクシーで1時間程度かかります。

街の中心「バングラ通り」は、夜になると観光客でごった返します(ピークシーズン)。昼はビーチでのんびり、夜はアクティヴに遊びたい人にはパトンがおススメです。

 

そして、プーケットで最も思い出深いのは、カウントダウンの花火です。

夜の11時過ぎくらいから、至るところで花火が上がり始めます。高級ホテルが、競うように打ち上げるのです。日本の花火大会のように、もう延々と続くのです。

パトンビーチには、ロイヤル パラダイス ホテルという(古い)高層ホテルがあります。パトンの高層ホテルは、このホテルだけです(2008年当時)。

少々値段は張りますが、上層階のスイート・ルームを取れば、パトン・ビーチで上がる花火を「上から」見渡すことができます。

ニューヨークのタイムズ・スクエア含め、様々な場所でカウントダウンの花火を見てきましたが、プーケットがダントツです!!(最後に行ったのは2008年ですが)

youtubeでビデオ見つけました。二つある高層ホテルの左側の細い方が、(多分)ロイヤル・パラダイスです。

 

 

次はサムイ

私のお気に入りのタイ・ビーチ

近年はかなり開発が進んでいるようですが、私が初めていった2003年頃は、まだまだ素朴な島でした。

「ココナッツの木よりも高い建物を建ててはいけない」といった法律があるくらい、自然が豊かに残る島です。

アクセスは、以前はバンコク経由一択でしたが、いまではシンガポール、香港経由でも行けるようです。

空港から、最も活気のあるチャウエン・ビーチへは、車で15分程度なので楽チンです。

チャウエン・ビーチの良さは、砂浜と海の美しさ。そして、多くのホテルからは海にそのまま出られます。フィリピンのボラカイ島のような感じです。そして、美しさもボラカイに匹敵します。

一方、プーケットやパタヤは、ホテルから直接ビーチに出られない点が残念なんです。ホテルとビーチの間に道が走っているので、「ホテル内のビーチで過ごす」ことができないのです。

さて、チャウエン・ビーチの特徴。

 

それは、トップレス女性の多さ

 

初めて行った時は、年末年始のピークシーズンだったのですが、あまりのトップレス率の高さに驚いたものです。彼女たちはヨーロッパからの観光客。

ここで、豆知識を二つ。

1、アメリカ人女性はあまりトップレスにはならないのです(私のアメリカ人の友人談)

2、「トップレスになる」を英語では、go topless. 動詞は、goを使います。

スミマセン、どうでもいい知識ですね…

 

最後は、パタヤ

バンコクから、バスやタクシーで2時間以内で行けるので、アクセスは抜群です。

一方で、ビーチ・リゾート感は、プーケット・サムイに大きく劣ります。

そう、パタヤは大人のリゾート。「男の夜遊びパラダイス」なんです。


これ、普通に街を歩いている時に撮影した写真です↑

 

間違えて、女性だけのグループで行くようなことはしないで下さいね。

一方で、仕事等でバンコクに滞在し、「少しビーチに足を延ばしたいな」という場合なんかには、近いのでおススメですね。

 

好みは人それぞれでしょうが、私のお気に入りはサムイです!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2015年6月 エアアジア搭乗紀 セブ→クアラルンプール エコノミークラス

ジャカルタ紀行(3)アジア紀行 アジアNo.1のヘビー・スモーカー

マレーシア紀行(3)マレーシアの英語

続欧州紀行(3)コロンボからロンドンへ <スリランカ航空>

台湾紀行(1)マニラから台北に飛ぶ フィリピン航空

欧州紀行(9)フィレンツェ 中世都市とイタリア人の愚痴