スリランカ紀行(3)スリランカ周遊(ゴール・キャンディ・ニゴンボ)

 

今日はビーチではなく、ヒッカドゥア後の「スリランカ周遊」のハナシ。

 

まずは、南下しスリランカ最南端の地、ゴールへ。

ゴールの旧市街と要塞は、世界遺産です。

Source: http://dlift.jp/photo/photoDisplayWorldHeritage81

 

また、街の中心に大きなクリケット場があって、ちょうど試合をやっていました。なるほどイギリス植民地時代の名残りだな~、と思ったものです。

スリランカの建築家 ジェフリー・バワの作品、ライトハウスもゴールの近くにあります。


Source: http://www.future-scape.co.jp/g200307travel/g200307travel01japanese/g200307travel2431bawa03.html

 

 

その後は、一気に北上してキャンディへ。

(ゴールから6時間以上もかかりました…)

なんと、こちらも街全体が世界遺産。
仏陀の歯が奉納されているという仏歯寺が有名です。

Source:http://183days.info/%E8%81%96%E5%9C%B0%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%80%80%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%80%80%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3-%E4%B8%96%E7%95%8C%E9%81%BA/#.VTBaISG8PGc

 

そして、私たちの目当てはペラヘラ祭。
約10日間も続くスリランカ最大の祭り。

装飾を施した像のパレードは圧巻です!
日ごとに像の数も増えていき、最終日には何頭いることやら…


http://srilanka-life.liskt.com/?cid=28

 

祭りの間中、街の至るところで交通規制がかかるのですが、ある時、警備をしている警察官が、

 

どこにいくんだ?

どこから来た?

 

というので、日本人と答えると

一気に笑顔になり、

 

ここ通っていいぞ、近道だから!

 

とのこと。

この警察官、メチャメチャ日本(人)のことが好きらしく、迷わないように途中まで案内してくれたほどです。

旅行をしていて嬉しい瞬間の一つですね。

スリランカに住む日本人の方々や、以前の旅行者の人達へ感謝・感謝です。

 

そして、最後はニゴンボへ。

コロンボ空港からも近いビーチリゾートです。
アクセスの良さもあって、ヨーロッパ人観光客が多くて驚きました。

小さな繁華街もあり、レストランや土産物屋が並びます。
ようやく、普通のリゾートに来たなって感じがしたものです。

http://www.cityphotos.info/sri_lanka/negombo/9446_negombo_beach.htm

 

スリランカ、どの国とも違います。

だから、「旅行にきたな~」って感じがします。

人も優しく、親日なので過ごしやすいです。

実際に、ヒッカドゥア→ゴール→キャンディの行程は、ヒッカドゥアで出会った「日本人大好き」オヤジの車で移動しました。

他のガイドと比べても超格安だったので、最後には感謝を込めてチップをはずみました。

食事はカレー中心ですが、10日以内なら問題ありません。

フィッシュ・カレーとか、日本ではあまり見かけないカレーも多いので十分楽しめます。

 

ちょっと、困るのは、

 

まず匂い、臭い!

 

香辛料と、きつい体臭と、像のフン。

キャンディでは、普通に像が歩いていて、至るところに落し物が…

インドの牛の落し物同様、かなりキツイですね。

 

そして、「酒が飲めない」ということ!

 

何かにつけて、「禁酒」するのです。

外務大臣が暗殺されたから喪に服して禁酒デー

今日は満月だから禁酒デー、とか…

まあ、ホテルの部屋の中でなら飲めるのですが、レストランでは出してくれません。

ある日、和食屋を見つけたので、中に入りビールを飲んでいたのですが、実は、これウェイトレスの失態。

禁酒デーだったのです。

それに気が付いたマスターは、なんと店のシャッターを閉めてしまったのです。

禁酒デーに酒を出していることが世間に知れたら大変なのだそうです。

まあ、普通は私たちからビールを取り上げると思うのですが、

 

こちらのミスですから

 

と、シャッターの方を閉めたマスターの気遣いには感動したものです。

 

スリランカ

 

今では内戦も終わっており、以前より行きやすくなっていると思います。

もう一度、行きたい国ですね。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スリランカ紀行(2)ヒッカドゥア

続欧州紀行(16)EU最貧国? ブルガリアの物価

台湾紀行(1)マニラから台北に飛ぶ フィリピン航空

ラオス紀行(3)アジアで最も素朴な首都 ビエンチャン

続欧州紀行(17)ブルガリアの首都ソフィアを歩く

インド紀行(3)灼熱のコルカタ