アフリカ紀行(2)ロンドンからタンザニアへ

 

昨日の続き。

 

下記が、ザンジバルまでの旅程。

 

ケニア航空
ロンドン(ヒースロー空港)19:00発
ケニア (ナイロビ空港) 翌6:30着

プレシジョン航空
ケニア(ナイロビ空港) 8:10発
タンザニア ザンジバル 9:50着

 

↓ナイロビ航空の案内板

 

ナイロビ空港

 

ロンドンからでも、かなりの時間がかかりました。
料金は740ポンド。
当時のレートで、約10万円です。

 

ロンドン~ケニア間は、夜間なので何も見えないのですが、
ナイロビ~ザンジバル間の飛行は、圧巻です。

 

アフリカ大陸の最高峰、キリマンジャロ上空を飛ぶのです。

 

下記の写真は、http://snnantn.blog115.fc2.com/blog-entry-3523.html から拝借したものですが、一面雲で覆われた世界に、キリマンジャロの最上部(5000ⅿ以上?)だけが顔をだしているのです。

 

 

息を飲む光景です。

(キリマンジャロって、頂上が尖ってないんです)

旅先で、キリマンジャロの登山客とも数人、言葉を交わしましたが、
みんな5日間くらいかけて登るとのことでした。
富士登山とは、全然違うようですね。

 

そして、ようやく、ザンジバルに到着。

 

もう、それはそれは小さな、ママゴトのような空港に到着します。
はい、↓が空港です(空港を出たところ)

 

 

そして、飛行機からターミナルまでの送迎バスは、
日本の幼稚園の送迎バスのお古。

Source: http://www.geocities.jp/pleasure0528/tanzania6.html

 

こんな地球の裏側でも、日本が活躍していることに胸が熱くなったものです。

 

さて、ターミナルに到着すると、数人の職員が出迎えてくれます。

 

なに、この歓迎ぶり?と思ったのも束の間、
それは黄熱病のチェックだったのです。

 

イエローカード、イエローカードと言っています。

 

はい、これです。

 

タンザニアを含む多くのアフリカの国は、
黄熱病の予防接種を受けていないと入国できないのです。

 

そして、予防接種をうけた証明書がイエローカード。
(相変わらず写真のクオリティが低いのですが、実物は黄色です)

 

イエローカード・チェック → パスポート・コントロール
という順番が、その重要さを裏付けています。

 

私はイギリスで予防接種を受けてから行きました。
一度打てば、10年間有効です。

 

そして、イエローカード・チェックの後は、ビザ。
日本人は、現地の空港で、アライバル・ビザを購入することができます。

 

こうして、ロンドンを出発してから、約12時間後、
インド洋の宝石、ザンジバルに到着したのです。

※イギリスとタンザニアの間には、3時間の時差があります。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

欧州紀行(9)ローマ ローマの光と影

台湾紀行(2)台北 桃園空港から市内へ

アフリカ紀行(1) ザンジバルってどこ?

続欧州紀行(16)EU最貧国? ブルガリアの物価

スリランカ紀行(1)戒厳令という手洗い洗礼を受ける

ジャカルタ紀行(3)アジア紀行 アジアNo.1のヘビー・スモーカー