アフリカ紀行(1) ザンジバルってどこ?

 

私が住むセブには、海外志向の強い方が多い。
(だからセブに住んでおられるのですが…)

 

当然、そんな方々とは海外旅行の話をすることも多くなる。
私も根っからの旅行好き。

 

どこに行ったことがある?
好きな国は?

 

定番の質問だ。

 

私はよく、ザンジバル、と答える。

 

質問者のほぼ全員が固まる。

 

どこそれ?

 

アラフォー以上の男性であれば、
ザンジバルって、ガンダムに出て来るアレ?となる。

 

勿論、違います。

 

アフリカを代表するタンザニアのビーチリゾート、それがザンジバル。

 

まあ、そう答えても大抵、

 

タンザニアってどこ?となる。

 

やはり、日本人にとってアフリカは遠い遠い異国の地なんだと
痛感させられる瞬間です。

 

ということで、今日から数回に亘って、
約5年前に訪れたザンジバルについて書いてみます。

 

まずは場所から。
アフリカ大陸の東側、赤道のちょっと下にあります。
ということで、南半球(てことに、いま、気が付きました…)

 

もう、完全に日本からは地球の裏側です。

参考までに、スカイスキャナーで、東京からどのくらいかかるか、調べてみました。

 

もちろん、直行便はありません。
乗り継ぎ1回の最短ルートでも、片道約20時間。
そして、値段は65万円(エコノミーです)。

 

そこで、乗継2回の節約コースを検索してみると、
料金は15万円以下になりますが、往路は驚異の29時間。

 

やはり、アフリカは遠いです。
日本からはハードル高過ぎですね。

 

ですから、私はイギリス滞在中に、必ずアフリカに行ってみようと企んでいたのです。
そして、イギリスでのタフな環境が、私の背中を押してくれました。

 

2013年1月、私はMBAの1学期の期末試験に向けて、
無茶苦茶、勉強してました。

 

試験は、AccountingとCorporate Finance.
いずれも、試験時間は2時間。
2時間ひたすら英語で回答を書きまくるという、タフな試験でした。
(今では絶対できませんね)

 

そして、イギリスの天気と言えば、

 

グレー・レイニー・チリ― / Grey, Rainy, Chilly

(灰色、雨ばかり、寒っ)

 

クリスマスから年末年始にかけて、3週間の間で、太陽を見たのは
元旦の1日だけでした。

 

完全に心が荒みます。

 

そりゃ、イギリス人、肌が白いわけです。

 

イギリスでは、約500万人の人達が、冬の間、鬱になるという話もあります。

 

ということで、試験が終わったその夜に、太陽の日差しを求めて
ザンジバルに旅立ったのです。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

続欧州紀行(3)コロンボからロンドンへ <スリランカ航空>

インド紀行(3)灼熱のコルカタ

アジアン・リゾートを制覇する

続欧州紀行(6)Wet & Chillyなサウサンプトン

続欧州紀行(18)ブスが走る都市 ソフィアから東京へ

欧州紀行(4)愛しのサウサンプトン / Southampton